HOME > 

自動車保険ってどんなもの?

テレビCMや雑誌の広告、新聞の広告など様々な場面で「自動車保険」の文字を見かけるのではないでしょうか?車を購入する際や車検の際には、自賠責保険という保険に加入します。こちらは加入が義務付けられており、加入していない状態で車に乗ることは違法です。一般的にはこの自賠責保険以外の任意保険のことが自動車保険と呼ばれています。
自賠責保険に加入しているのだから、加入が任意である自動車保険に加入する必要はあるのでしょうか?実際に、車を運転する多くの方が自動車保険に加入しています。自賠責保険は最低限の補償をするものであり、その内容は「他人」だけとなります。保険料も上限がありますので、交通事故が起きてしまった際の多大な損害を全てまかなえないということもあり、その場合は自己負担となってしまうのです。そんな時に、自動車保険に加入しておけば、保険会社が負担してくれるということになります。

このページの先頭へ

自動車保険の種類について

自動車保険自動車保険は大きく分けて2つの保険があります。一つは自分のための保険、そしてもう一つが相手に対する保険です。例えば交通事故が起きてしまったときに、お互いの車が修理をする必要がある、お互いが怪我などで治療する必要があるということは多くあります。そんな時に、過失の割合などにもよりますが、相手側への修理代や治療費などといった損害への支払いを行うためにある保険と、相手側の保険会社や個人から受け取った過失分以上の支払いや、過失によってあちらから支払われないといったときに、保険会社から自分へと支払われる保険の2つです。
自動車保険という保険があるわけでなく、自動車保険にも様々な種類があります。生命保険などといった自動車保険以外の保険と同じように、自動車保険も補償の内容を充実させればさせるほど保険料は高くなってきます。確かに全ての保険に入ることで、万が一に備えられることになりますが、保険料のことを考えるとそうはいきません。どんな保険があるのかを知ることで、必要に応じて保険を選んで組み合わせることで、自分専用の保険を作ることができます。万が一に備えて、車両保険には加入しておいたほうが安心です。

このページの先頭へ

HOME >